定期購入システム(ASPカート)TOP5社徹底比較!

もっとも相性の良い定期ECシステム(ASPカート)の見つけ方!

 

現在では、数え切れないほど多くの定期ECシステム(ASPカート)が存在しています。

どれを導入すべきか迷われている方も多いのではないでしょうか。

選ぶ際にはいくつか確認しておくべきポイントがあり、今回はそのポイントを押さえた上でシステムを選択する必要性を解説します。

最後までお付き合いいただき、ぜひもっとも相性の良い定期ECシステムを導入してください

 

1.自社のウィークポイントを知る

定期ECシステムを導入する上で大切なことがあります。

それは、自社のショップにおいて弱点を見つけ出すことです

もし弱点が見当たらないという場合には、すでに安定した売り上げをあげている証拠でしょう。

ウィークポイントの見つけ方ですが、自社にとって何が足りていないのか、どこを改善すべきなのかを考えることが重要です。

たとえば、集客ができていないのであれば、なぜ集客できないのかということを突き止めていくことが大切であり、できる限り理由を明確にしていきましょう。

広告宣伝をまったくしていない、そもそも自社の認知度が低いなど、理由を明確にしていくことで、次にどのような戦略をとればよいかが見えてきます。

このような場合には、集客機能が充実している定期ECシステムを中心に検討していくと効果が出しやすいでしょう。

定期ECシステムは、定期購入機能が付いている単純なカートではなく、他サイトとの連携を図ることで集客の窓口を広げる機能も付いています。

また、集客だけではなく、肝心なリピーター作りにおいても効果的であり、お試し購入のお客様を定期購入へと誘導する機能も充実しています。

今自社にとってどこがウィークポイントであるのかを明確にすることで、どのような定期ECシステムを導入すべきかが見えてきます。

まずは、ショップ運営を多角的に見直してみることから始めてみましょう。

 

2.各定期ECシステムの特徴を学ぶ

定期ECシステムはたくさんありますが、実は同じシステムはひとつもありません。

似たようなシステムはありますが、やはりシステムにより搭載している機能や操作性、集客能力などは多少異なります。

たとえば、当サイトの定期ECシステムおすすめランキングを見てみると、1位にランクインしているのは「ECForce(株式会社 SUPER STUIO)」です。

ECForceの特徴としては、とにかく徹底した売り上げアップを目指しているシステムです。

目指すだけならどの定期ECシステムでも目指していますが、それを有言実行しているからこそ、業界でトップクラスのコンバージョン率を誇っています。

どうすれば売れるのか、どうすればリピート定着するのかなど、常に売り上げを伸ばしていける方法を模索している結果が出ているのは心強いです。

とにかく売り上げを伸ばしたいというショップにおいては、「ECForce(株式会社 SUPER STUIO)」が相性は良いでしょう。

また、第2位にランクインしている「サブスクストア(テモナ株式会社)」の特徴としては、パソコンが苦手な方でも安心して使える操作性と柔軟な管理機能が秀逸です。

定期ECシステムを運用していくにあたり、少なからずパソコンでの操作は必要となってきます。

もちろん通販部門や担当者が在籍している場合は問題ないとは思いますが、数人でショップ運営をしている場合ならパソコンの知識が必要となります。

そのような状況でも手軽に管理でき柔軟に操作できることから、サブスクストアは各所から高評価を得ています。

その結果、サブスクストアは単品リピート通販市場でシェア№1に輝いております。

ちなみに、流通総額では1,193億円という破格な数字を叩き出しており、それだけ導入店舗が多く利用者も多いことが分かります。

利用者は1,400万人以上が利用しており、日本の人口の9人に1人がサブスクストアの通販を利用しているというので驚きです。

それだけの利用者がいるということは、サブスクストアの知名度と実績が高いことを証明しており、安心して利用できる定期ECシステムであることが分かります。

このように、定期ECシステムごとで特徴や搭載している機能は異なるため、十分に比較検討することが求められます。

 

3.比較検討が大切

定期ECシステムを導入する前に、なぜ比較検討する必要があるのでしょうか。

それは、複数社検討することにより、もっとも自社ショップと相性の良い定期ECシステムと出会えるからです。

システムを選ぶ際には、ネットなどで紹介されていればどのようなシステムでも大丈夫という訳ではありません。

比較するときには、「費用面」「機能面」「操作性」「サポート体制」など、あらゆる視点からチェックしておく必要があり、自社とマッチングするシステムを選ぶことが大切です。

費用面が他社と比較して圧倒的に安価だと、どうしても魅力的に感じてしまいます。

確かにコストがかからないことは経営において大切なことですが、投資と考えるとある程度のコストはかけなければなりません。

決して、費用面だけで判断する、操作性だけで判断するということがないように注意しましょう。

総合的に判断し、客観的な視点で定期ECシステムを選択することが求められます。

ちなみに、比較検討する際のポイントですが、最低でも5社以上は比較してみると良いでしょう。

システムによって特徴が異なり、操作性や機能面も異なるため、実際に試してみて使いやすいかどうかも確認しておくことをオススメします。

複数社を検討することにより、自社にとって必要な機能をそろえているシステムと出会うことができ、費用面についても予算内のシステムを見つけ出すことが可能です。

システムを導入する前には、できる限り多くのシステムと触れ合いましょう。

 

4.費用だけで決めてはいけない

定期ECシステムを導入する際には、絶対にやってはいけないことがあります。

それは、費用面だけで判断することです。

どうしても業界最安値などの文字を目にすると気になってしまいますが、決して料金だけで判断してはいけません。

必ずシステムが自社にとって必要な機能をそろえているかどうか、決済方法は充実しているか、操作性は素人でも扱いやすいかなど、多角的にシステムをチェックする必要があります。

どちらかと言うと、システムの導入費用については最後に確認するほうが得策です

そうすることで費用面だけで比較することなく、純粋に機能面を比較できるメリットがあります。

ショップ運営を行っていく上で、もちろん費用面を気にすることは当然ですが、定期ECシステムを導入する際には、コストは最後に確認することをオススメします。

 

まとめ

今回はもっとも相性の良い定期ECシステムの見つけ方を中心に解説しました。

クオリティが高く、なおかつ自社ショップにマッチングするシステムを選ぶためには、やはり複数社にわたり比較検討する必要性があります。

中には、無料でお試し期間を設けている会社もあるため、積極的に利用してみましょう。

費用面は気になるところですが、定期ECシステムについては、費用をかけて投資した分、それ以上のリターンが返ってくる可能性があると思って良いでしょう。

優れた機能を開発するにも提供するにもコストがかかります。

ランニングコストが高いということは、それだけ優れたシステムであると認識しても問題ありません。

ぜひ優秀なシステムと巡り会ってください。