定期購入システム(ASPカート)TOP5社徹底比較!

第1位:EC Force(ECフォース)の評判・料金|株式会社SUPERSTUDIO

 

CVR業界トップ!売れなければ意味がない!

数ある定期購入システム(ASPカート)の中から、私が客観的に売り上げ貢献度で厳選し№1に輝いたのは、圧倒的な利益主義で名高い「ECForce」です。

この業者がとにかく他社を圧倒するクオリティの製品を提供していると業界内、特にECの猛者たちの中ではかなりの評判。

コンバージョン率が業界№1に輝いており、導入ショップの平均月商は業界でも最高クラスの1.5億円を達成しています。

新規顧客の獲得に特化している特徴は、スタートアップのEC業者はもちろん、継続的に売上を伸ばしていかなければならない中堅以降のEC業者にとっても最重要な要素となってきます。

その圧倒的実績からスタートアップはもちろん、ナショナルクライアントからも注目されているようです。(実際に東証一部上場系の会社との合弁が次々にリリースされています。)

提供会社であるSUPER STUDIOD2CDirect to Consumer)の先駆者として、これまでの数多くのメーカーを成功させたノウハウを存分に活かし、カートシステムの提供だけでなく、商品企画・開発、新規顧客の獲得、CRM、物流、コールセンターまで幅広く手掛けているそう。

業界内では、「D2C始めるならECForce一択」とまで言われているほど。

他社と比較してもカスタマーサポートに定評があり、カートシステムの使い方だけでなく、商品企画や、集客、リピート化など幅広く相談できるのが心強いです。

また、最近では実際に相談にとどまらず、実査に新規顧客獲得や、LTVを改善するソリューションの提供まで開始したようです。

ユーザーが商品を購入する決め手となるのは、大きく分けると2つ

「商材の魅力」「利便性(決済方法の豊富さ)」

が挙げられますが、その2つを徹底的にサポートしてくれます。

「1to1」のサポートでも、間違いなく№1と言えるでしょう。

マーケティング支援の面でも優れており、広告の運用代行サービスが利用できるのですが、そこで得た情報のすべてを隠すことなくユーザーへと提供する懐の深さも見せています。

と言うことは、SUPERSTUDIOがこれまでに培ってきたスキルやノウハウを享受できるということなのです。

事業立ち上げ期における必要な要素として、「魅力的なLP」「多機能なシステム」「訴求力のある広告」などが挙げられますが、これらを円滑に行えるように充実したフォロー体制も整っています。

サポート対応・スキル・スピード、どれをとっても高得点です。

また、年商数百億円を超える大規模ショップでの導入実績もあり、世界3ヶ国で展開されている最先端のインフラ技術を駆使することで、大きなアクセス負荷にも耐えられるタフさがあります。

勢いだけでなく、実力と対応力があるからこそ、世界3ヶ国でのスピード開発と強固なインフラが実現するのです。

さらにEC運営において大切なオペレーションが自動化されているため、ユーザーの購入審査から受注管理、物流倉庫との連携、ユーザーとのリレーションまで、幅広い作業を自動化対応します。

つまり、人件費削減につながるだけでなく時間の節約にもなるため、無駄のない売り上げ作りに貢献します。

最先端のD2Cソリューションをすべて無償提供している「ECForce」だからこそ、年商を1年間で数十億円まで飛躍させることができたのでしょう。

大手ショップで実績を上げることはもちろんですが、EC立ち上げ段階から「ECForce」を導入され、見事に売り上げを伸ばしている企業も多数あります。

どちらかと言うと、新規立ち上げ店舗をガッツリ勝ち組へと引き上げることが得意な会社という印象です。

料金体系も明確化されており、信頼できる定期購入システム(ASPカート)です。

〇魅力CVRを最大で309%まで成長させた確かな実績!

東証一部上場企業や有名D2Cブランドも採用!

充実した分析機能が経営をサポート!

〇月額費用・スタンダードプラン:49,800円+設定代行手数料148,000円

・エキスパートプラン:99,800円+設定代行手数料248,000円

〇契約期間
1年間
〇ポイント
豊富な決済方法
売上UPに特化した工夫
実績多数の売上特化型カートシステム
カートシステムに止まらないトータルソリューション

公式サイトはこちら

 

新規顧客の獲得は「LP×システム×広告」で決まる

ECForceの特筆すべき点は、新規顧客を集めることがどれほど大変なことであるのかを、経験と分析により熟知していることです。

ユーザーが貴社のショップを訪れた際、魅力のない商品ページでは売れる物も売れません。

また、商品に魅力があったとしても、購入フォームが煩わしければ、購入に至るまでにカゴ落ちしてしまうケースも多々あります。

さらに、決済方法がクレジットカード対応していないと離脱率が高いなど、支払いの多様性も求められます。

ECForceは「SMART DIALOG」というチャット形式の購入フォームも提供しており、CVRを劇的に改善することができます。

このように、新規顧客が購入・リピートしない理由を明確にし、どうすればリピート化するのかを経験から熟知しているため、新規顧客の囲い込みに力を入れたい企業にとっては、まさに打って付けのASPカートです。

もちろん既存のカートからの移行にも完全に対応しており、現在運営しているショップで新規集客に不安を感じている場合には、ぜひ移行することをオススメします。

新規顧客の獲得はどの企業にとっても永遠の課題であり、EC事業を運営していく上でもっとも重視すべき最重要事項です。

今やインターネットを開けば無数のショップが開設されており、消費者の選択肢も無数に用意されています。

そんな中で、ECに対する知識もなくショップ運営をしていくことは無謀であると言えますが、逆に知識さえあれば、初月で売り上げを作っていくことも難しくはありません。

そこを的確にサポートしてくれるのが言わずもがな「ECForce」であり、東証一部上場企業や有名D2Cブランドからも選ばれている理由でもあります。

ちなみに、これは「ECForce」のスタンダードプラン利用者のケースであり、基本的なプランでも納得のいく結果が出せるシステムとなっています。

以上のように、売り上げを伸ばしてくれる優秀なカートという点で1位とさせていただきました。

 

広告効果の分析は早期にすべき

現状行っている広告効果の測定は商品が売れ始めてから行うのでは遅いというのが「ECForce」の考えです。

なぜ売れ始めてからでは遅いのかと言うと、インターネット広告の効果測定を行う際には、「タグ」を使用して計測を行いますが、この数がひとりでは管理しきれないほど膨大な量であることが挙げられます。

また、管理面だけなら広告代理店に委託することも可能ですが、分析されたデータを確認するにも、タグの精度が低いと広告代理店の管理するデータとの間に差が生じてしまい、不明確な使えないデータとなってしまう恐れもあります。

せっかく高い経費をかけて広告を出しているのであれば、正確かつ集客につながるデータが欲しいですよね?

そこを改善してくれるのが、「ECForce」の分析機能です。

「ECForce」では、データの不一致などが起きないように、膨大な量のデータを一元管理しており、広告集計画面より広告効果を即座に把握できる環境が整っています。

また、広告代理店専用ページも作成できるため、広告代理店自らがタグやページの発行が可能となり、御社の作業工数を圧倒的に削減することも可能です。

さらに、「ECForce」の最大の強みであるCVRをより細かく測定できる点は秀逸です。

CVR(Conversion Rate)とは、広告媒体からの訪問者がどのくらい購入や申込を行っているのかを数値化したものを表しています。

これが何よりもECにおいて大切なことであり、今後のショップ運営を大きく左右するほどの影響力を持っています。

実際に集客効果のある広告媒体が分かることほど経営を安定化させる材料はありません。

ここが知りたいがなかなか分からないというショップが多い中、CVRを見事なまでに瞬時に数値化できるのが「ECForce」なのです。

 

積み上げた利益を安定化させる

実際に利益を毎月安定して残せるようになると気づくことがあります。

それは新たな悩みが出てくることです。

出荷する商品数が増えれば増えるほど、それだけ物流システムとの連携を密に図る必要性が生じます。

また、管理面だけではなく、発注量や受注量もショップ立ち上げ初期の何倍にも膨れ上がります。

このように、御社の事業規模が大きくなることに比例して、悩みや改善点も増えていきます

何も悪いことではなく、それだけ自社を俯瞰的に見ているということであり、そこを改善すれば更なる利益アップが見込めます。

「ECForce」ではこれらの受注発注管理や物流倉庫との連携など、すべてをオペレーション自動化しており、人件費削減や業務効率改善に貢献します。

以上の点から、「ECForce」を1位とさせていただきました

 

公式サイトはこちら