定期購入システム(ASPカート)TOP5社徹底比較!

定期ECシステム(ASPカート)の導入方法や導入までの流れ

 

誰もが一度は利用したことのある通販サイト。

ネットショッピング自体は一般的になりつつありますが、定期通販となると少しハードルが高いとお考えの方も多いのではないでしょうか?

まずは、その固定概念を崩していくことから始めていきましょう。

定期通販はお客様がメリットを感じた時、おのずと定期購入へとつながります。

では、どのような定期ECシステム(ASPカート)を導入すれば定期購入へとつながるのか、今回は優れたシステムを導入するまでの流れを確認していきます。

 

1.導入前に複数社を比較する

優れた定期ECシステムを導入するためには、どのようなシステムが優れているのかを知っておく必要があります。

そのためにも、数ある定期ECシステムを比較検討し、どれが優れていて自社にマッチングするのかを見極めることが大切です。

なぜなら、定期ECシステムにはそれぞれで異なった特徴があり、単純に価格だけでは比較できないからです。

たとえば、「スマイルツールズ(アンダス株式会社)」では、徹底した分析機能がユーザーから支持を集めています。

なかなかデータの管理ができない、販売商品の売れ筋や在庫状況がざっくりとしか分からないなど、データ管理や分析面での不安を感じている場合には、スマイルツールズのような分析機能の優れた定期ECシステムがオススメです。

分析をすることが苦手だという方が多いですが、実は始めてみると簡単で楽しく、今では楽しんで分析をしているという方も大勢いらっしゃいます。

また、MakeShop(GMOメイクショップ株式会社)であれば、全部で651もの機能が搭載されているため、自社の今まで手が届かなかった部分にまで手が届きます。

機能面が充実していると、発注や受注などの管理面だけでなく、顧客管理や情報配信などのフォロー面でも力を発揮できます。

顧客満足度の向上につながるため、比例して売り上げアップにも直結することが期待できます。

機能数が多いので使いこなせるのか不安な方もいるかもしれませんが、自分の使える機能のみを利用する形でも十分な効果は得られます。

このように、今の自社において、何が足りていないのかを明確にすることで、どのような定期ECシステムを導入すべきかを検討できます。

ちなみに、複数社を比較する理由ですが、価格面や機能面など、一部だけを判断して導入を決定してしまうことにより、自社ショップとのマッチング面で後悔するケースが多々あります。

そういったことにならないためにも、時間をかけて最低でも3社以上は比較検討することをオススメします。

 

2.無料体験を活用する

今回ご紹介した定期ECシステムの中には、お試しでシステムを体験できる「無料お試し期間」が設定されているサービスもあります。

お得な無料サービスと言えば、MakeShop(GMOメイクショップ株式会社)では、15日間の無料お試し期間を設けています。

MakeShopでは数多くの機能が搭載されており、むしろこの無料期間が設けられていることにより、あらゆる機能を十分に活用するための練習ができるのです。

実際に無料期間に試してみることで、納得して定期ECシステムを導入することにもつながるため、クレーム防止にもつながっています。

また、無料お試し期間では、選んだシステムを使いこなせるのかどうかも確認することが可能です。

いざ導入した際に、「難しい」「分からない」「使えない」といったことにならないためにも、無料お試し期間でしっかりと操作確認や機能確認をしましょう。

この無料期間があることで、利用料金を気にすることなく、気になるシステムを体験できるのです。

また、実際に導入をしてみて、「こんなはずじゃなかった」という展開にもならないため、無料期間サービスがある定期ECシステムについては、積極的に利用することをオススメします。

 

3.実際にシステムを使い運営してみる

定期ECシステムを複数社から比較検討し、実際に無料体験してみた後には、定期ECシステムを導入する流れとなります。

システムを導入し運営してみることで、初めて気づくことがあります。

前述したように「無料お試し期間」を利用した場合、実際にシステムを導入した後でも、そこまで大きな差異は感じませんが、利用していない場合には、多少なりとも想像していたシステム感と違うと感じるはずです。

実はこれは致し方ないことであり、どれだけ丁寧に事前チェックをしていたとしても、誰もが大なり小なり抱く感覚です。

なぜなら、導入前と導入後では、「ショップを盛り上げるぞ」という気持ちに違いがあるため、どうしても導入前のチェックはおろそかになりがちだからです。

こういった事態に陥らないためにも、なるべく無料お試し期間を利用して、導入前と導入後のギャップを取り除いておく必要があります。

また、どれだけ優れた機能が搭載されていても、ただ導入するだけでは効果を出すことは難しいでしょう。

やはり搭載された機能を隅々まで理解し、それをショップの売り上げアップにつなげるという強い気持ちを持って技術習得することも大切です。

パソコンに慣れている方でも、初めてのシステムを使いこなすには時間がかかります。

常に勉強し成長する気持ちさえあれば、どのようなシステムを導入しても問題ありません。

 

4.導入後に確認すべきこと

定期ECシステムは導入をすればそれで終わりではありません。

自社ショップを運営していくにあたり、きちんと機能面でマッチングしているのかどうかを確認する必要があります

具体的には、自社の今抱えている悩みを改善できるのかどうかがポイントとなってきます。

受注・発注状況をすべてエクセルで管理している、顧客様への連絡は手動で個別に配信しているなど、時間と手間がかかっている部分に対して、どこまで効率化できているのかを確認することが大切です。

また、これまでは広告の効果測定をざっくりと行っていた場合、きちんと分析機能を活用し細かなデータ解析ができるようになっていれば、業務効率改善と言えるでしょう。

広告効果が細かく分析できることで、不要な広告費を削減し、コスト削減にもつながります。

コスト削減と利益アップはともに同じ意味合いを持っており、無駄な経費をカットできれば、その分が丸々利益へと直結するのです。

そして、サポート体制がしっかりとしているのかもチェックしておきましょう。

基本的には、当サイトで評価しているサポート体制であることは間違いありませんが、実際に活用することで、どこまで丁寧に対応してくれるのかが分かります。

困ったときにはどんどんサポートを利用しましょう。

 

まとめ

今回は定期ECシステム(ASPカート)の導入方法や導入までの流れについて解説しました。

定期ECシステムは魅力的なものが多いですが、即決するのではなく、複数社を比較検討することをオススメします。

数あるシステムからもっとも自社のショップに最適なシステムを導入することで、最大限に効果を発揮できます。

また、導入前に無料でのお試し期間がある場合には、迷わず試してみましょう。

実際にシステムを運用したときのイメージが湧き、導入後にもスムーズな店舗運営を可能とします。

今一度、自社にとってどこが改善点なのか、どこを伸ばしていきたいのかをしっかりと見極めましょう。